« PARTY!! | トップページ | お休み>緊張+開放 »

2008年1月31日 (木)

Casa Loma!

「Casa Loma」は、トロントの有名な観光スポットのひとつ。ナイアガラの滝の水力発電で富を築いたカナダ陸軍将校のヘンリー・ミラベットの邸宅として1911年から4年にわたって建設されたお城のような建物です。
昨日はそこで調律の仕事が入りました。いつも調律をしているRoyal Conservatory(王立音楽学校)主催のパーティーがそこで開かれるとのこと。3台のグランドピアノを運び込むので、その調律を依頼されたのでした。
Pict0747 Pict0755





パーティー開始は19時。私のボス、Andrewと共にピアノが運び込まれる予定の15時少し前に参りましたが、なかなか作業が進まず。「時間がかかりそうだから観光してて」と係りの人。お言葉に甘えてゆっくり中の見学をさせて頂きました。

Pict0744 Pict0753






玄関を入ると1階はパイプオルガンを備えた大広間、そこから続く図書室、そして奥には温室のような造りの丸天井の広間があります。今回はそれぞれの広間に1台づつピアノを設置したのですが、ようやくピアノが運び込まれ組み立てが終わってほっとしたのも束の間、調律中にパーカッションやら弦楽器のリハ-サルが始まってしまいました。ただでさえ天井が高く響きの良い建物なのに、ピアノのすぐ横ではパーカッションのリハーサル…。何とか調律を終えた後は、ご褒美にパーティーに参加させて頂きました♪今回のパーティーの趣旨は、カナダ国内のリッチな方々を招いて、Royal Consarvatory生徒による生演奏をお披露目し、若い才能(が通っている学校)に出資してもらうという、寄付金収集。ボス曰く、俳優やニュースキャスターなどの著名人の顔もちらほら。


Pict0757_2 Pict0759_3



ピアノやヴァイオリンソロ、管楽器のバンドやソプラノ歌手によるアリア、室内楽やハープの演奏などたくさんの生徒さんや講師による演奏が各広間で行われて いましたが、中でも人気のあった男性ピアニストのために$5,000,000(5億円強!)寄付した方がいたとのこと!!
3つの広間で同時に演奏をするので少し騒々しかったものの、ワインを飲みながら、ゆっくり演奏を聴くことができました。仕事の緊張感の後に美味しいワインと素晴らしい演奏。役得です♪




|

« PARTY!! | トップページ | お休み>緊張+開放 »

ピアノ♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440837/10185493

この記事へのトラックバック一覧です: Casa Loma!:

« PARTY!! | トップページ | お休み>緊張+開放 »