« サウザンアイランド | トップページ | デビュー »

2008年6月13日 (金)

何キロあるでしょう?

と言っても最近増え始めた私の体重のことではなく…

Dsc00796_4

そう、中にはピアノ1台分のチューニングピン(弦が巻きついている金属製の部品です。これにチューニングハンマーを挿して調律をします。)、230本程が入っているのです。

何のためかと言うと…日本にいた頃は10kgほどの工具鞄を持ち、電車とバスで毎日のようにお客様のお宅へ伺っていた私。手のひらはマメだらけになるものの、肩から腕にかけては3つのコブ、お腹に至ってはうっすらと6つに割れており、ジム通いをしなくてもいいくらいの筋肉を自然と手に入れていたのでした。
が、こちらに来てから仕事のスタイルが変わり、毎日車での送迎、ほぼ毎朝コーヒーとドーナツの朝食…見る見るうちにお腹は1つの塊に戻り、体中が柔らかくなり、そしてついに「ピアノの蓋が開けられない」事態に至ったのでした。

開けられないのは重いコンサート用のグランドピアノの蓋だけですが、蓋が開けられなければ調律もできません。思い起こせば私が調律師として働き始めたばかりの頃、スポーツと言うものをしたことがなかった私は筋肉のかけらもなく(握力18kg!)、工具鞄も片手では持てず、もちろんコンサート用ピアノの蓋も開けられなかったため当時の上司から「なんちゃって調律師」と呼ばれていたものでした。ここに来て当時の様子に逆戻り…
これではいけないと奮起し、トレーニングを開始。そのためのウェイトとして使っているのが冒頭の写真のチューニングピンウェイトです。元々運動嫌いの私は何か楽しみがないとトレーニングは続きませんが、ピアノの部品なら手にしているだけでむふふcatface。ちなみにこのウェイト、重さは5.6kg。トレーニングを始めた1週間前は片手では持てなかったのに、今では楽々♪お腹もうっすら筋肉の存在が見え始め、目指せSix-pack!!(お腹が6個に割れるのを英語ではこう言うそうです)

|

« サウザンアイランド | トップページ | デビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440837/21612535

この記事へのトラックバック一覧です: 何キロあるでしょう?:

« サウザンアイランド | トップページ | デビュー »