« ガパオ風 | トップページ | Toronto Jazz Festival »

2008年6月23日 (月)

さて今日も

またもや時間がたっぷりあった今日。時折雷雨が激しくなるので外出もままならず、仕上げにかかったのが昨日から仕込んだこれ、
Dsc00938 そう、ビーフシチュー。このためにパセリが必要だったのです。
牛バラブロックが手に入らず、バーベキュー用サーロインで代用。
こちらは鶏肉と牛肉が同じくらいの値段!しかも鶏胸肉の方がモモ肉よりも高い!!ヘルシーだからでしょうか?ちなみにこのお鍋、「クリステル」というフランス製のものですが、とっても優れものhappy02ステンレス製で熱伝導がよく、着脱式のプラスチック製の取っ手が付いているのですが、それを外せば重ねて収納できて場所要らず。更に蓋は蓋同士で重ねられます。更に良いのはお手入れが楽!過去に里芋の煮物を3度丸焦げにしたのですが、そんな時もしばらく水に付けてスポンジで擦れば元通り♪難点はちょっと値段が高いこと…ですが10年保証つきのこのお鍋。買うときは迷いましたが、今は大満足。本当に使いやすくて少しずつ買い足しています。…って、別にこのお鍋メーカーの回し者ではないのですけれど。ご興味のある方はこちら→http://www.cherryterrace.co.jp/cr_top.html

Dsc00953 そして仕込みから2日間かけてできたのがこれ。今日はオムライスに掛けて食べました。まだ大量に残っているパセリを飾ってみます。やっぱりサーロインはバラ肉よりもちょっと硬めだけど、味はなかなか。濃厚なので、パスタに絡めてもいいかもしれません。


Dsc00951 とっても時間があるのでデザートも。日本は今「さくらんぼシーズン」ですね。毎年この時期は知り合いの農家で取れる「佐藤錦」を父が箱で買って来てくれるのですが、それが本当に甘くて美味!でもさすがにカナダまでは送ってもらうわけにもいかず、その代わりにアメリカンチェリーを購入。こちらでもチェリーシーズンなのか、スーパーにはチェリーがたくさん並んでいて、1粒1粒選り分けている奥様方の間に混じり私も選り分け。こちらでは多くの野菜と果物はパック詰めされておらず、マッシュルームやチェリーも1個から買うことができます。1個1個大きさが違うので値段は1ポンドいくら、と重さで判断されます。
Dsc00945 チェリータルトを作りたかったもう1つの理由はこれ。先日行ったセントローレンスマーケットで購入した「チェリーピーラー」(種を取り除く道具で皮をむくわけではないけれど、お店の人がそう呼んでいました。)これをどうしても使いたかったので…で、使い心地はと言うと…これが力で押し抜くものだから、アメリカンチェリーのあの鮮やかな返り血を浴びるはめにsweat01

こうして有意義な時間を過ごしていますが、実は3日前からまたもや一人暮らし期に突入。食べてくれる人がいないのです…

|

« ガパオ風 | トップページ | Toronto Jazz Festival »

手作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440837/21856478

この記事へのトラックバック一覧です: さて今日も:

« ガパオ風 | トップページ | Toronto Jazz Festival »