« クリスマスパーティー | トップページ | 新年 »

2008年12月29日 (月)

翌日

クリスマスパーティーの翌日、2日連続でHarry家にお呼ばれしてしまいましたhappy01以前住んでいたウィニペグからお友達が遊びに来るそうで、ディナーに私たちもお呼ばれです。以前もお伝えしましたが、Harryは料理道具をいろいろ持っており、お正月も近いことだしみんなで餅つき機を使って餅つきをすることになりました。

Dsc03093 Dsc03095

この日のゲストのほとんどはカナディアン。日本の文化を広めるべくお餅の食べ方をレクチャーすることに。用意したのはぜんざい用の小豆、あべかわ用のきな粉、お雑煮、そしてからみ餅です。餡子は「red bean paste」としてこちらでも知っている人は多いのですが、きな粉とからみ餅は皆初めてだったよう。

Dsc03094

からみ餅は毎年父方の祖母が作ってくれる私の大好物。詳しくはコチラ

大根の種類が日本と違い若干辛かったのですが、久しぶりに食べるからみ餅はとっても美味delicious カナディアンたちは大根自体家で調理をすることがないらしく、もちろん生の大根は初めて。大根おろしの辛味にちょっと驚いていたようでした。一番受けが良かったのはあべかわ餅。甘い方がお好みのようです。前日ターキーの作り方をHarryと共に教えてくれたKatharine(キャサリン)は料理好きで、きな粉に興味津々。きな粉と砂糖の割合や、その他にどういう利用法があるかなどたくさんの質問を受けたので、余ったきな粉をお土産に渡すととっても喜んでくれました。

今回使ったHarryの餅つき機はカナダで購入したそうですが象印の海外向けの商品で、もち米を蒸すところからでき、さらに味噌作りまでできるもの。むかーし、家にも餅つき機があった記憶はあるのですが、最近のものがこんなに進化しているとは知らず、日本人ながらびっくり。

蒸しあがったもち米でおにぎりを作りお醤油をつけて食べる楽しみもしっかりレクチャーし、その他にも磯辺餅、揚げ餅などまだまだいろいろな食べ方があることも伝えて、カナディアン達に楽しんでもらえたよう。。。でも一番楽しんでいたのはきっと私ですcatface思いがけなく食べることができたからみ餅。やっぱりお正月は日本が恋しい。

Dsc03096 Dsc03100

この日のディナーのメインはカニ。前に教えてもらったものと、カレー味の2種類、もちろん生きたカニを使っての調理です。写真右はローストビーフ。Harryの料理道具の一つ、ロースターを使って牛肉の塊を1時間半かけて回転させながらじっくりロースト。簡単なのにこれが本当に柔らかくて美味!ロースターの機械が欲しくなってしまいました。この他にもサーモンのホイル焼きやベイクドポテト、スペアリブなどお料理はたくさん。クリスマスパーティーに引き続きお腹いっぱいご馳走になりましたhappy02

Dsc03032

これはKatharineの飼い犬、Katy。とっても人懐っこくお座り、お手、ハイタッチができる賢い犬でしたcatface

|

« クリスマスパーティー | トップページ | 新年 »

トロント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440837/26596852

この記事へのトラックバック一覧です: 翌日:

« クリスマスパーティー | トップページ | 新年 »