« 検診後に!! | トップページ | 日本帰国、そして »

2009年2月22日 (日)

コンサート

トロントにある有名な音楽ホール、「Roy Thomson Hall」。ユニークな外観で観光名所にもなっていますが、トロントに来て1年以上、気になるコンサートはあったものの中に入ることはありませんでした。

が、知り合いになったTSO(Toronto Symphony Orchestra=トロント交響楽団)のヴァイオリニストの方に格安でチケットを取って頂き、先週今週と2週続けてコンサートに行ってきました。
先週はピアニスト、Radu LupuとTSOのコンサート
日本ではあまり頻繁に名前を聞く機会がないようですが、こちらでは有名らしく3500席ほどある座席もほぼ満員。

Dsc03504Dsc03505

今週は五嶋みどりさん。日本でもとても有名ですが、北米でもとっても有名。現在はカリフォルニアの大学で講師をされているそうです。

ソリストはもちろんですが、知り合いの方が舞台に立つ姿を見て今回強く感じたのは、演奏を職業にされているということの凄さでした。「プロ」として自分自身の演奏技術で食べていくことの凄さ。もちろん「好き」だからこそ続けていけるのでしょうが、それ故に苦しいことが絶対にあるはず。並ならぬ精神力が必要とされるのは想像も易しいことです。
知り合いのヴァイオリニストの方は、2児の母!子育てをしながらオーケストラのテストを受け見事合格されたとのこと。
妊娠している今、これはとても励みになると同時に子供がいても「できない」理由にすることはできない、というプレッシャーを感じます。

ぼーっと過ごしていた毎日に、良い刺激になりました。


五嶋みどりさんのコンサートの際、私の席はオーケストラの真横のバルコニー席。オーケストラの様子がよく見えて興味深かったのですが、面白かったのがマリンバのおじさま。
見た感じ50代くらいの恰幅の良いおじさまなのですが、マリンバの出番は少なめ。
自分の出番を待っている間、椅子に座って足組みしてちょっとやる気なさそう。いざ出番となると立ち上がってさすがプロの顔になるのですが、終わるとまた元通り。舞台上で足組みなんて、北米らしいな。。と、微笑ましいというか、なんというかcatface

|

« 検診後に!! | トップページ | 日本帰国、そして »

音楽」カテゴリの記事

コメント

heart02minaさん、本当に楽器で食べていくのは大変な努力と才能が必要だと思います。それとセンスもね!同じドラムスでもスティックの角度が少し変わっただけで、音に影響します。意外と足に神経を集中している時は手が動くものでsweat01
打ち方にも溜打ちと普通の刻みがありますが溜め打ちは難しい打ち方でもあります。しかしそれゆえきまったときは最高に心地よいリズムとなって、自分が天才か?と思えるようなくらい感動します。演奏家は貧乏でも、本当は、一番心が豊かな人たちでは無いでしょうか?演奏家は一度味を占めたら、もう、彼なんて要らない!とまで言いますよ!。最近アメリカでは無痛分娩が多いと聞きました。おなかを痛めて生んだ~わが子を~sweat02は日本人だけ??
さて、日本の東京で昨夜は雪が降りました。カナダは極寒の地、気をつけてください。転ばないようにねsmileではまた。

投稿: 海野 | 2009年3月 3日 (火) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440837/28316023

この記事へのトラックバック一覧です: コンサート:

« 検診後に!! | トップページ | 日本帰国、そして »