« 日本帰国、そして | トップページ | 7パウンド »

2009年3月27日 (金)

Kosher

Kosher(コーシャー、コーシェル)、聞いたことがありますか?
「Kosher」とは、ユダヤ教徒が食べることのできる食品のことで、ユダヤ教の食事の戒律「カシュルート」に従った食べ物ということだそう。
●4つ足の獣のうちひづめが分かれていて、反芻(一度飲み込んだ食べ物を再び口の中に戻して、再咀嚼する)する動物は食べても良い。
●水中生物で、ヒレとうろこのあるものは食べても良い。
●肉と乳製品を混ぜてはいけない。乳は命を象徴し、食肉は死を象徴するため、混ぜることはタブーだそう。
などなど、厳しい戒律があるそうです。

人種の坩堝、トロント。スーパーに行くとインド、タイ、イタリア、中国、日本などなど、各国の食材、調味料が並んでいますが、気になっていたのがこのKosher。
知人から、血抜き処理をされたKosherのお肉がおいしいと聞いたのです。

Dsc03823Dsc03824

Kosherの鶏もも肉。これを見つけたのはCOSTCOです。日本にいた時からよく利用をしているのですが、2人家族には経済的ではないし、1つ1つ値段をちゃんと見てみると意外に安くはないので私は消極的で、炭酸水と飲料水をまとめ買いする時くらいしか利用しないのですが、なぜか我が夫はCOSTCO好き。週末になると「COSTCO行く?」となります。
このもも肉は20枚くらい入っています…。でも興味も手伝って買ってみると、確かに美味しい!臭いがほとんどありません。

ネットで調べてみると安全で高品質というだけでなく、カシュルートはラードやバターといった動物性油を禁じているので、ダイエット食品としても人気を読んでいるとか。
肉類と乳製品の食べ合わせも禁じていて、これらは一緒に食べると血糖値が急激に上昇し、体脂肪になりやすいので避けるのは理にかなっているそうです。日本でも「ナチュラルローソン」や外国製食品を扱うスーパーにもKosher食品は置いてあるそう。

「おいしいから」という理由で買ってみたKosher、こういう感覚の違いが埋まることのない溝なのか。。。と、毎日の食卓の中で考えてしまった出来事でした。

ちなみに写真右は「鶏肉のピーナツバター焼き」。どこかで食べたかレシピを見たか定かではありませんが、最近たまに作る1品で、ナンプラーをもみ込んだ後、ピーナツバター(砂糖入り)をもみ込み、片栗粉をつけて焼いたもの。えぇ〜、っと思うかもしれませんがこれが意外な美味しさwinkご飯に合います。この日は片栗粉の代わりに「タピオカ粉」をつけて焼きました。最近はまっているタピオカ粉についてはまたの機会に。。

|

« 日本帰国、そして | トップページ | 7パウンド »

トロント」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせて頂きます。酒乃伝道士です。(^^
鶏肉のピーナツバター焼き美味しそうです。
ピーナツバター無くても芝麻醤(チーマージャン・胡麻のペーストとピーナツオイルの調味料)でも代用できそうですね。
今度試してみたいです。
そういえば、ナンプラーって独特の風味ありますけど、お味噌に隠し味として使って炒め物したりすると、コクが出て面白いかと思います。
また、このお味噌で鶏肉(できればモモ肉がお勧め)を漬け込んでから、七味唐辛子をたっぷり掛けてオーブン(250度くらい)で7~8分焼くとお味噌と七味で美味しくお召し上がりになれるかと思います。
脂のことを気にする場合は、受け皿の上に網を乗せて、クッキングペーパーの上で焼くと以外に脂が下に落ちてくれます。
お店ではたまり味噌に付け込んだ鶏モモ肉と七味で賄いにさせて頂くこともあります。ご飯のおかずにはぴったりかと思いますのでお試し下さい。m(_ _)m

投稿: 酒乃伝道士 | 2009年3月30日 (月) 12時26分

初めまして、酒乃伝道士さん…初めましてでしょうか?もしかして「お店」とは銀座では?

それはさておき、コメントありがとうございます。チーマージャンも美味しそうですね。調味料フェチの私ですが,こちらの調味料、一瓶がとっても大きい!スーパーには各国の調味料が並んでいるのでいろいろ試してみたいのですが、すでに冷蔵庫内は瓶詰めだらけで、なかなか消費しきれません。ピーナツバターもその一つ。無性に食べたくなって買ったは良いけれどなかなか減らず、お菓子作りや料理にばしばし使ってます。何か良いレシピがあったら教えてくださいね♪

投稿: mina | 2009年3月30日 (月) 19時51分

A=正解です。(^^
さて、ピーナツバターですが、ほうれん草等の胡麻和えと同じように使って頂いても大丈夫です。
ただし、ほんの少しだけお醤油を入れるとよろしいかと思います。
そして、辛いのが大丈夫でしたら、ピーナツバターを使った坦々味噌を作ってみてはいかがでしょうか?
幸いピーナツバターと胡麻のペーストは同じような味わいにあるようなので、ひき肉(豚がベターだと思いますが、カロリーを気にする場合は鳥のささ身を自分でミンチにするのもあり)を炒めて唐辛子や山椒をこれでもか~!と入れ醤油やお塩で下味をつけ、ピーナツバター(チーマージャンの代わり)とお味噌をお酒や出汁で緩めたもので、絡める。なんてどうでしょうか?
お野菜が少ないとお嘆きの場合はミンチと一緒にみじん切りにした玉ねぎやピーマン・人参なんかを沢山入れてください。
その後はそうめんやうどんに絡めて、汁無し坦々麺風に食しても良し。
ご飯の上にナムルなんかと一緒にピリカラビビンパ風も良し。
しゃきしゃきのレタスに包んでおつまみにしても良し。
パンに沢山のキャベツと一緒に挟んで食しても良し。って具材が出てこないように出来れば油で揚げても旨そうだね。(^^
でも、本当の坦々麺ってお酢も使うんだけど、それは好みでどうぞ。

投稿: 酒乃伝道士 | 2009年3月31日 (火) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440837/28842565

この記事へのトラックバック一覧です: Kosher:

« 日本帰国、そして | トップページ | 7パウンド »