« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月29日 (土)

ゆず胡椒と寝返り

お天気の日でも吹く風が少し肌寒く、秋を感じさせるようになったトロント。コリアンスーパーマーケットで売られていた唐辛子を見て、来る鍋の季節のためにゆず胡椒を作ってみることにしました。

ゆず胡椒は大好きな調味料だけれど、自分で作るのは初めて。ネットで色々レシピを調べてみましたが、
<ゆず:唐辛子:塩=10:10:1>
という、それぞれの材料の比率が簡単なものに決定。今回はライム3つ分、15g:15g:1.5gで。

Dsc04894_2

ゆずを探すのが大変なので、ライムで代用。塩は赤穂の塩も手元にありましたが、どうせならカナディアンゆず胡椒にするべくコーシャーソルトで。…何だか杏干しの二の舞になりかねない感じもありますが、楽しく手作りスタート!

Dsc04901Dsc04900

ライムは表皮の下の白い部分をなるべく入れないよう、皮をそぐ。すり下ろしてもいいようです。唐辛子はへたと中の種を取り除きますが、この時手袋をしないと大変なことになるよう。ゴーグルをするという人もたくさんいるみたいです。が、今回は使い捨ての薄いビニール手袋のみ使用しました。


Dsc04904Dsc04905

これをミルへ入れて細かくすりつぶします。…我が家にはフードプロフェッサーがないのでコーヒーミルを使いましたが、この後コーヒーが刺激的な味になってしまうのではないかちょっと心配ですcoldsweats02


Dsc04909Dsc04911

すり鉢でさらに細かくなるようにごりごり。その後塩を入れてごりごりごり。普通の塩なら混ぜるだけでいいようですが、コーシャーソルトの粒がちょっと大きいので。
買うものより色がとっても鮮やか!が、香りはやっぱり今のところライム。。お鍋に合うかな。。。
便に詰めて15分ほど置いておいたら、いつの間にか色が変わってきていました。冷蔵保存する場合はアルミホイルに包んで遮光するといいそうです変色を防げるのだとか。このレシピは塩が少量なので長期保存はできないようですが、冷凍保存すれば日持ちするようです。さっそく今日の夕ご飯に使ってみよう♪

さて、そろそろ丸4ヶ月になる我が子。最近ようやく首が座ったかな?と思っていたら、寝返りをするようになりました。少し前から寝返りに挑戦はしていたものの、下になっていた腕がなかなか抜けず、いらいらしてぐずっていた我が子でしたが、5日前に大成功!よほど嬉しかったのか、それからというもの朝起きると寝返りをばたんばたん繰り返して、ご機嫌の様子。でも、寝返りをしてうつ伏せの状態になるとどうして良いのか分からないらしく、しゃちほこみたいに反り返ってみたり、それに疲れるとまるで潜伏しているかのように息を殺して匍匐前進の体制になってみたり(もちろん未だ動けはしませんが)。そしてどうしようもなくなってぐずぐずし始めます。仰向けにはまだ戻れないようです。
どんどん動きが活発になってきて、目が離せません。

ちなみに、ゆず胡椒作り、今回は少量だったせいかゴーグルはなくても大丈夫でしたが、あまりに良い香りだったので思いっきり吸い込んだせいか、鼻が痛いweep みなさんもお気をつけて下さい。

Dsc04915

ついでに漬けてみた唐辛子のオイルとビネガー漬け。美味しくなりますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

お出かけ

「トロントで一番美味しいクロワッサンのお店」、と知り合いのカナディアンに聞いたベーカリー。臨月の時に一度行ったのですがまたどうしても食べたくなり、今日は地下鉄とバスを乗り継いでお散歩がてら我が子とともに行って来ました。

Dsc04781Dsc04778

前回もそうでしたが、お客さんはフランス系の人ばかり。ますます美味しそうに見えて来ます。今日頼んだのはクロワッサンとチョコレートケーキ。バターの味がおいしいこのクロワッサン、ベルギー産のものを使っているとのこと。なるほど。そして見た目も美しいこのケーキを作っているのは日本人の職人さんだそう。一番下の層はマカロンの生地で、カリッとした歯触りが美味です。
我が子は終始寝ていてくれて、本を読みながらゆっくりブランチを楽しむことができました♪

このパンやさんがある近辺は気になるお店がたくさん。いつもは夫の運転する車の中から見ているだけでしたが、今日は子供服のお店、食材のお店などぶらぶら歩きながら入ってみました。その中で面白かったお店が、オンタリオ産のものだけを扱っている食材のお店。

Dsc04783_2Dsc04785_2

野菜にフルーツ、ソーセージにチーズ、マスタードやビネガーなど様々な食材が並んでいます。ラベルをチェックしてみましたが、これらは全てオンタリオ産。地産地消という言葉を聞くことが多くなった昨今なかなか興味深いお店で、どんなものが自分の住む地域で生産されているのかを知る良い機会でもあります。

Dsc04786Dsc04789_2

今日購入したのは左の写真のもの。カナディアンメープル、わさびライム、ウィスキーなどフレーバー付きのマスタードと大豆のオイル。このお店、お料理教室もやっているそうなので、今度行ってみようかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

お食い初め

早いもので我が子誕生から3ヶ月が過ぎ、お食い初めの日を迎えました。
地域によっても違うようですが、通常のメニューは
●尾頭付の魚(鯛)
●焚き物(筑前煮)
●赤飯
●香の物(梅干し・白菜)
●お吸い物
とのこと。鯛だけは外せないと、我が子と一緒に地下鉄でお買い物に。さすが日系のお魚屋さん。3種類の尾頭付の鯛が売られていました。日本でお祝いの際に用意されるのは「真鯛」が多いそうですが、こちらではなかなか手に入らないそう。なので、お勧めの「平鯛(ヘダイ)」を購入。我が家の魚焼き器(日本から持って来たポータブルのもの)には入りそうもなかったの焼いてもらうことに。思えばこちらに来てから鯛なんて食べる機会がなかったな…。
残念ながら蛤もあさりも品切れで、お吸い物はムール貝の潮汁coldsweats02 我が子はカナディアンだから、ま、いっか。
3年ものの手作り梅干しと、煮物、お赤飯を用意して、夫の帰りを待ってのお食い初め。


Dsc04772Dsc04770

メニューや食器に付いてはいろいろな決まりがあるようですが、簡略的に。
さてさて、肝心の本人はお箸で食べ物を口に持って行くと号泣。終始母乳を探してぐずりっぱなし。
結局母乳を飲みながらのお食い初めになったのでした。

そして。。。100日目だと思っていたこの日、実は99日目だったのでしたcoldsweats02
うっかりな母を許してね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »